B「バック」・・・
    ◆I「一緒に行きたい」・・・
    ◆Y「やってみる?」・・
    ◆A「甘えていいよ」・・
    ◆K「こんなの初めて」・・
    ◆U「うとうとしちゃう」・・

    炭水化物や糖質制限はムダ?GI、糖尿病、肥満、「有効性は認められず」有力医学誌、糖質、脂質、カロリー



    運動不足は肥満よりも危険 全く運動しない場合に比べ、中程度の運動が早期死亡リスクを低減する


    「糖尿病」「高血圧」「肥満」「脂肪異常」は“死の四十奏”生活習慣病を回避する食事法(1)(2)




    「油脂は太る」は大間違い

    脂質は外から「油脂」のかたちでからだにとり入れられるもの。体内には生命維持に必要な脂質を生み出す仕組みも備わっているのですが、外からも補う必要があるわけです。だたし、いくら脂質が重要だといっても、単に油脂をとればいいというわけではないのだといいます。

    選び方、とり方によっては毒にもなりうるのが、油脂の恐ろしいところ。悪い油脂をとれば、知らず知らずのうちに細胞、からだ、脳に悪影響を与え、万病を招くもととなりかねないというので注意が必要なのです。脂質は、からだをつくり、動かすうえで重要な役割を果たすもの。だからこそ油脂を正しく選んでとることが大切だということです。

    ただ、気になるのは、「脂質をとると太るのではないか?」ということ。しかしカロリーが高いとはいえ、体内でもっとも効率的に利用されやすいのが脂質。同じようにエネルギーとなる糖質が肥満を招きやすく、万病のもとになるのに対し、脂質はエネルギーとなるだけでなく、細胞の材料になったりホルモンなど体内分泌液の材料になったりと、多方面で利用されるのだそうです。

    引用元: コレステロールは悪ではない? 「油」についてもう一度考えてみよう | ライフハッカー[日本版].
     

















    米国とイタリアに住む世界の長寿1位と2位の115歳の女性2人について生活習慣を調べたところ、卵好きで毎日食べ続けていることが分かった。年齢なりの体力低下は見られるが、薬も多用しない。イタリア女性のかかりつけ医は「驚異の人だ」と語っている。

     29日のAP通信によると、米国人がスザンナ・ジョーンズさんで、イタリア人がエマ・モラノさん。米団体「老人学研究グループ」のデータでは、1899年生まれで、ジョーンズさんが約4カ月早い。1800年代生まれは世界にこの2人しかいない。

    引用元: 世界の長寿1位と2位の女性に共通点 卵が好きで毎日食べる - ライブドアニュース.



















    この日、新聞で報じられ、マスコミ各社から問い合わせがあり、急きょ囲み取材に。「僕自身がこの反響に一番、驚いています」。この間の排便についても触れ、「食事中の方、すいません。この1か月間に計3回あり4、5日目に宿便と思われる黒い便が。20日目ごろに腸壁と呼ばれるものが出ました。よく腸が動き、オナラが出ます。お風呂でかいだら無臭でした」などと丁寧に説明した。

    集まった取材陣も、常識ではちょっと考えられない体験を、何の苦痛なくこなし、にこやかに話す姿に「お腹がすかないって、本当にあるんですか?」「食べ物の夢を見ませんか?」など、半信半疑の質問が相次いだ。

    榎木は「不食」に賛否両論の声があることも把握しており、「決して同じマネはしないでください」と強調。宗教とのかかわりにも「どのオカルトにも宗教にも加担していません。強いて言えば、榎木教でしょうか?」といつもの物静かな口調で話していた。

    引用元:


    「不食」で緊急会見!「強いて言えば“榎木教”」「反響に驚いています」 (スポーツ報知) – Yahoo!ニュース.

    不食は自殺行為 断食セミナーで死者も出る。健康のためなら死んで良い?

    引用元: 健康.

    秒刊サンデ―様より 転載させて頂きました。












    【朗報】塩分取り過ぎは逆に脂肪の吸収を抑えるかもしれない!かも?

    sio

    ファーストフードやジャンクフードを食べ過ぎると、高塩分の食生活となり生活習慣病や体重増加により糖尿病などのリスクがあると考えられております。実際に肉中心よりも野菜中心の食生活にすべきだという医者からの提案もあるようにジャンクフード=悪だというイメージが有りますが、一概にもそうだとはいえないのかもしれません。

    sio2

    これまでは高塩分の食生活は脂肪の増加を助長させると考えられておりましたが、今回アイオワ州の科学者たちの研究結果によると、逆に高塩分の食事が脂肪の吸収を低下させているかもしれないとうことです。

    高塩分・高脂肪の食生活は肥満などの生活習慣病につながると考えられている。しかし今回マウスでの実験を行った結果、塩分を多く与えた餌のグループのマウスは体重増加を抑えることが出来たということだ。

    結果的に特殊なホルモンによって消化効率を低下させ、将来肥満治療を行うことができるかもしれないということだ。

    もちろん、すべてのケースに当てはまるとは限らずあくまで「マウス」での実験の話だ。おなじみのファーストフードでも当てはまるとは限らないのであしからず。

    つまり適度に取る程度には良いのかも?ってことのようで、ジャンクフード食べ過ぎても大丈夫ってことではなそう。 
     
    掲載元 
    http://www.dailymail.co.uk/sciencetech/article-3122080/One-reason-order-takeout-Adding-salt-high-fat-diet-help-LOSE-weight-claims-study.html

    (ライター:たまちゃん) 


    コーヒーを飲むと体内から水分が失われると言われてきたが、コーヒー愛好家たちは心配しなくてもいいかもしれない。最近発表された研究によると、コーヒーは水と同程度の脱水作用しかないというのだ。

     米バーミンガム大学(Birmingham University)の研究チームは、健康な男性50人を対象に実験を行った。3日連続で被験者の半数にはコーヒーを1日4杯、残りの被験者にはコーヒーの代わりに水を4杯飲んでもらった。両グループは適切に管理された食事をとり、歩行以外の運動をしないように指示された。10日後に2つのグループは入れ替わった。

     その後、さまざまな科学的手法で被験者の体内の水分量を測定した結果、2つのグループ間で差は認められなかった。

    このページのトップヘ