「筋肉の衰え」阻止する歩行術 インターバル速歩とは 10/5(木) 7:47配信 前へ 1 / 4 次へ 「速歩き」「ゆっくり歩き」を交互に繰り返す。それが「インターバル速歩」だ。3分の速歩き+3分のゆっくり歩きを1セットとし、1日5セット...

    「筋肉の衰え」阻止する歩行術 インターバル速歩とは ( その他環境問題 ) - 健康のブログ - Yahoo!ブログ










    https://s.yimg.jp/images/blog/html/twitter/twitter_enbed.html?data-url=https://twitter.com/dronemedia_jp/status/647192774798737408&data-text=RT @DJIJAPAN: ??DJI Lightbridge 2膣剛??????腥堺????幻茘???????筝?綺?????帥???障????DJI Lightbridge 2??換篁????????荀т?????鐚?荅括完?????<??:http://t.co/gYOjfuKY96https://t.co/eIvNIzTff0&data-created-at=2015. 9�� 25&data-name=DRONE media &data-screen-name=dronemedia_jp&data-expanded-url=&data-display-url=

    B「バック」・・・
    ◆I「一緒に行きたい」・・・
    ◆Y「やってみる?」・・
    ◆A「甘えていいよ」・・
    ◆K「こんなの初めて」・・
    ◆U「うとうとしちゃう」・・

    炭水化物や糖質制限はムダ?GI、糖尿病、肥満、「有効性は認められず」有力医学誌、糖質、脂質、カロリー



    運動不足は肥満よりも危険 全く運動しない場合に比べ、中程度の運動が早期死亡リスクを低減する


    「糖尿病」「高血圧」「肥満」「脂肪異常」は“死の四十奏”生活習慣病を回避する食事法(1)(2)




    「油脂は太る」は大間違い

    脂質は外から「油脂」のかたちでからだにとり入れられるもの。体内には生命維持に必要な脂質を生み出す仕組みも備わっているのですが、外からも補う必要があるわけです。だたし、いくら脂質が重要だといっても、単に油脂をとればいいというわけではないのだといいます。

    選び方、とり方によっては毒にもなりうるのが、油脂の恐ろしいところ。悪い油脂をとれば、知らず知らずのうちに細胞、からだ、脳に悪影響を与え、万病を招くもととなりかねないというので注意が必要なのです。脂質は、からだをつくり、動かすうえで重要な役割を果たすもの。だからこそ油脂を正しく選んでとることが大切だということです。

    ただ、気になるのは、「脂質をとると太るのではないか?」ということ。しかしカロリーが高いとはいえ、体内でもっとも効率的に利用されやすいのが脂質。同じようにエネルギーとなる糖質が肥満を招きやすく、万病のもとになるのに対し、脂質はエネルギーとなるだけでなく、細胞の材料になったりホルモンなど体内分泌液の材料になったりと、多方面で利用されるのだそうです。

    引用元: コレステロールは悪ではない? 「油」についてもう一度考えてみよう | ライフハッカー[日本版].
     

















    米国とイタリアに住む世界の長寿1位と2位の115歳の女性2人について生活習慣を調べたところ、卵好きで毎日食べ続けていることが分かった。年齢なりの体力低下は見られるが、薬も多用しない。イタリア女性のかかりつけ医は「驚異の人だ」と語っている。

     29日のAP通信によると、米国人がスザンナ・ジョーンズさんで、イタリア人がエマ・モラノさん。米団体「老人学研究グループ」のデータでは、1899年生まれで、ジョーンズさんが約4カ月早い。1800年代生まれは世界にこの2人しかいない。

    引用元: 世界の長寿1位と2位の女性に共通点 卵が好きで毎日食べる - ライブドアニュース.



















    このページのトップヘ